一般内科・呼吸器内科
アレルギー科・健康診断

048-240-6604

埼玉県川口市栄町3丁目11-27 Hiro Build.2F

かかりつけ医を持ちましょう

COPD(慢性閉鎖性肺疾患)

COPD(慢性閉鎖性肺疾患)

COPD(慢性閉鎖性肺疾患)とは

COPDとは、Chronic Obstructive Pulmonary Disease(慢性閉塞性肺疾患)の略称です。

有害物質の吸入や大気汚染によって長期にわたり肺を刺激することで、気管支に炎症を起こし、咳や痰が多くなります。
その結果、気管支の内側が狭くなることで空気の流れが悪くなり、呼吸困難などの症状を引き起こします。

COPDの原因としてトップにあげられるのはたばこの煙で、喫煙者の15~20%にCOPDに発症し、COPD患者の90%は喫煙歴があると言われています。

COPDCOPDの主な症状

物質が肺胞にまで及んで炎症を起こすと、肺胞の壁が破壊され、弾力がなくなり(肺気腫)、空気をうまく吐き出せなくなります。
COPDはその結果酸素不足を起こし、息切れを起こす病気です。
また合併症としてうつ状態、骨粗しょう症、筋力低下、消化性潰瘍、最悪は心不全、などを引き起こすとも言われています。

COPDの合併症

  • うつ状態  
  • 骨粗しょう症  
  • 筋力低下  
  • 消化性潰瘍  
  • 心不全  

COPDの診断

診断には、呼吸機能検査が有効です。
スパイロメトリーホース状の酸素吸入口に口をあて、大きく吸い込んだ息をできるだけ速く吐き出すという検査です。
最初の1秒間で吐き出せた量(1秒量)を、思いきり吐き出した息の全体量(努力肺活量)で割って1秒率(FEV1.0%)を算出します。
1秒率の値が70%未満で、肺活量が80%未満である場合にCOPDであると診断されます。