一般内科・呼吸器内科
アレルギー科・健康診断

048-240-6604

埼玉県川口市栄町3丁目11-27 Hiro Build.2F

かかりつけ医を持ちましょう

無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。

睡眠中に10秒以上の呼吸が停止する無呼吸の状態が1時間に5回以上繰り返される病気です。
主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があり、日常生活に様々なリスクが生じる可能性もあります。

また、SASは肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症など、生活習慣病を合併するケースが多いと言われており早期に適切な治療をすることが大切です。


病状

  • 就寝時に呼吸が乱れ、息苦しさを感じる
  • 起きた時に熟睡感がなく、体がひどく重い
  • 仕事中に強い眠気を感じる
  • 寝ても改善されない疲労感がある

SASになりやすい人

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因としては、飲酒や喫煙、暴飲濃色などの生活習慣の乱れから発症すると言われております。 また太った男性におこる症状といったイメージがあるかも知れませんが、痩せていても、女性でもかかる病気です。顔や首まわりの形体的特徴に影響されるためです。


こんな人が要注意

  • タバコがやめられない
  • 寝る前のお酒が習慣化している
  • 暴飲暴食してしまうことがある
  • 血圧が高い

  • 糖尿病である

  • 高脂血症である

SASになりやすい形体的特徴

  • 首が短い
  • 首が太い、まわりに脂肪がついている
  • 下あごが小さい、小顔
  • 下あごが後方に引っ込んでいる
  • 歯並びが悪い
  • 舌や舌の付け根が大きい

睡眠時無呼吸症候群の合併症

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は頻繁に起こる無呼吸により、血液中の酸素の低下や中途覚醒による睡眠の分断等、多くの生活習慣病の合併症を引き起こす事が明らかになっています。
また、睡眠の分断が日中の眠気、集中力の低下を起こし、交通事故を起こす頻度がSASの人は健常人の2.5倍も高くなることが報告されています。
これら合併症を低減するためにもSASの適切な診断と、継続的に治療する事が最も重要です。